京都で高音質のカーオーディオ・カースピーカーは【オートプロマツモト】|よくある質問

よくある質問

お客様よりよくいただく質問をまとめました

スピーカー交換だけで音質が向上しますか?
スピーカーが高性能であれば音質は上がります。最終的に、音はスピーカーが出すという原点があると思います。
(車の純正配線の損失がある場合は除きます)
取り付け位置は関係しますか?
関係します。スピーカーがかなり奥(フロントドア前側 例 旧型スバルステラ)に付いている車は中高音が聴こえないことがありセッテイングが必要です。
マルチスピーカーの場合は高音質になりますか?
現在ノーマルステレオでも音声電気信号を16cmスピーカーをつける所には低音しか信号を送らない場合がございます。その場合は低音のみの増強になります。普通にすべての信号がスピーカーの配線に送られている場合はAPM-SP1は中高域から低音までをカバーしすばらしい音質を実現します。(Ω数の違うスピーカーは取り付けが難しいです)
純正のステレオでも音が良くなりますか?
純正ステレオの音もAPM-SP1カースピーカーに交換すれば、格段に高音質になります。
現在のカーステレオの性能はかなり高いです、後はスピーカーの問題になります。
APM-SP1カ―スピーカーは特許技術を採用しております、素晴らしい高音質です。
(著しく古いものや安いものは除外します)
ドア部分などのデッド二ングは必要ないのですか?
APM-SP1カ―スピーカーではデッド二ングをしなくても十分に高音質になります。
しかし、デッド二ングをすれば更に最高の高音質になります。
デッド二ングはスピーカー取り付け部分の強化やドアの鉄板の振動を抑えてスピーカーの
後ろ側の出力を存分に使います、必要なことですが、その加工が大変な作業になり、
ドア重量も上がってきます。
一般的にはデッド二ングがしていないといい音が出ないと言われています。
しかし考えてみてください、簡単に最高の音質を実現するためには、
スピーカーの性能を格段に上げるしか方法はありません。
それをクリアしたのが、APM-SP1カ―スピーカーになります。
スピーカーコード交換の必要はないのですか?
車両により配線取り回しが悪い車があります(音が高音質にならない場合)、
その車については交換が必要です、市販のスピーカーケーブルをステレオから
直接繋ぐと信号の損失が少なくなりいい音が出ます。
更に、全音量域でクリア度を向上させるために、APMSOUNDオリジナルカースピーカー
専用ケーブルを用意いたしました(近日発売)。一般のカースピーカーでは、違いを感じること
は出来にくいですが、APM-SP1カ―スピーカーでは更に音が鮮明になり驚きがあるでし
ょう。
ステレオに追加アンプは必要ですか?
必要ありません。今の市販カーステレオ(著しく安い、古いステレオは除外)ならアンプを追加
しなくてもステレオ内臓アンプで十分APM-SP1カ―スピーカーで音質向上は出来ます。
アンプを追加する場合、高級アンプ、高級配線を使用するなどしてノイズを挟まないように
取り付けしないと音質は低下します。
  • Concept
  • Works
  • Voice

お問い合わせ

INFORMATION

オートプロマツモト
〒621-0033
京都府亀岡市薭田野町佐伯大門29-3
  • 高音質のスピーカーを愛車に積みませんか。
    京都府亀岡市にあるオートプロマツモト APM SOUNDではカースピーカーを販売しております。
  • Tel 0771-23-0171
  • Mobile 090-3708-9196
  • 営業時間 8:00~17:30
  • 日曜、祝日定休
  • Mail Form

pagetop